最新ニュース一覧はこちら2016年のニュース一覧はこちら


静岡県地域の住宅リフォーム事業の活性化に向け静岡銀行とK-engineが協業を開始

2016年12月12日

モバイルとクラウド技術で住宅建築とリフォームのITイノベーションを支える 株式会社K-engine(以下K-engine、本社: 東京都新宿区、代表取締役社長: 喜久川 政樹)は、株式会社静岡銀行(以下静岡銀行、本店:静岡県静岡市 取締役頭取 中西 勝則)と 静岡県地域の工務店・建築会社の事業活性化、地域の住宅リフォーム需要拡大に向けて協業していくこととなりましたのでお知らせいたします。

<<協業の概要>>

1.静岡銀行のリフォームローン申し込みサイトとの連動
「K-engineリフォームアクセル」の「リフォームローンシミュレーション機能」に、静岡銀行の「リフォームローン事前審査」お申込みWEBページに誘導するQRコードによるリンク機能を新たに開発し、2016年11月21日よりサービスを開始しました。
住宅リフォームでのローン活用度は未だに低く、ストック時代のリフォーム市場の拡大が思うように進まない要因の一つとなっています。このサービスにより、リフォーム事業者さまは K-engineリフォームアクセルでの提案時にお施主さまを直接静岡銀行の「リフォームローン事前審査」お申込みWEBページへ誘導でき、ローンの活用と、工事範囲の拡大提案が容易になります。また、リフォームを望むお施主さまは、ご希望の工事や設備機器の設置が実現しやすくなります。

2.リフォーム事業者さま向けビジネスセミナーを共催
K-engineと静岡銀行は、本リリースに先駆けて、静岡県内3箇所(静岡、沼津、浜松)で住宅リフォーム事業者さまを対象としたビジネスセミナーを共催いたしました。今後は神奈川県等、順次地域も拡大し、継続展開していきます。
共催セミナーの各回では、リフォーム関連企業の経営者さまにご参加いただき、ネット時代に対応した新たな住宅リフォーム営業での最新のモバイル活用による成約率と営業効率の革新、リフォームローンによる契約単価アップのノウハウなどをご紹介いたしました。

今後も、K-engineでは、静岡銀行と共同して、静岡県地域での住宅リフォーム市場の活性化と拡大による快適な住空間の実現、地場のリフォーム事業者さまのリフォーム受注の拡大をアシストしてまいります。

※ 共催セミナーの状況(2016年11月)

ページTOPに戻る