業界初!!仕様基準で省エネ適合を自動判定

 2015.03.16 

従来の建築図面投入後 5 分で住宅 1 棟分見積を実現する 「K-engine サービス」に、平成 25 年省エネ基準の適合について自動計算し判定する機能を加えて 2015年 4月 23日より新たに提供を開始します。 追加の作業を一切する事なく、1 棟分の見積を作るプロセス内で自動的に計算から適合判定まで行われます。

住宅建築会社様の業務の流れとK-engineの機能

住宅建築会社様のメリット

  1. どなたでも簡単にできます。
  2. 自動原価積算と同時に自動判定できます。
  3. 商談初期から基準適合をお施主様にアピールできます。

実際の「改正省エネ基準の自動判定システム」の画面イメージを以下よりご覧いただけます。

 判定結果が「適合」はコチラ

「不適合」はコチラ

※「不適合」の対応方法はリリース予定の活用マニュアルでご案内いたします。

活用マニュアル イメージはコチラ

【操作手順】

  1. 積算結果詳細画面の省エネルギー基準判定の「判定結果確認」ボタンを押します。
  2. 住宅省エネルギー基準 適合判定結果の画面で判定イメージを確認できます。
  3. 住宅省エネルギー基準 適合判定結果の画面の右上、「判定結果出力(PDF)」
    ボタンを押すと、判定結果のPDF出力イメージが確認できます。
  4. 住宅省エネルギー基準 適合判定結果の画面の右上、「解説書出力(PDF)」
    ボタンを押すと、解説書のPDF出力イメージが確認できます。