簡単・安全のリモートサポート

画面の説明やCAD図面の説明など、電話だけでは解決が困難な場合、利用者のパソコンと弊社サポートセンターを接続して操作方法の説明を行います。

簡単

サポートセンターの担当者が、操作説明をリモートで画面を共有する事で電話による説明だけでは難しい操作や設定が含まれていても、簡単にサポートを受けることができます。

安心

お客さまからの許可と操作をしていただいて初めて、お客さまの画面が共有可能になります。サポート担当者の方から、お客さまのパソコンに勝手にアクセスすることはできないシステムになっています。また、インターネットを通じて共有される情報は暗号化されて送信されますので、個人情報の漏洩などの危険はありません。

リモートサポートは、以下の流れでご利用ください。

  1. 利用規約の内容を確認する
    下記の利用規約の内容をご確認いただき、リモートサポートのご利用に同意いただきます。
  2. サポートセンターへ依頼する
    お問い合わせ先情報をご確認のうえ、サポートセンターに「リモートサポート」とお電話でご依頼ください。
  3. リモートサポートを利用する
    サポート担当者が、お客さまのパソコンを遠隔操作し、設定内容の確認や実際の設定を行います。
  4. リモートサポートを終了する
    サポートが終了すると、遠隔操作接続は切断されます。

注意:パソコンの設定変更など、特別な準備は必要ありません。ご利用の前に、現在作業中のデータを保存しておいてください。

リモートサポート利用規約

この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社K-engine以下「サービス提供会社」といいます)が、サポート時に利用するRSup/RemotoCallサービス(以下「ASPサービス」)といいます。)に付帯する「リモートサポートサービス」(以下「本サービス」といいます。)に関する規約です。なお、本サービスの利用者(以下「利用者」といいます。)が本サービスを実際に利用することによって、本規約の内容を承諾頂いたものとみなします。

第1条(サービスの内容)

  1. 本サービスは、K-engine技術サポートにご契約のお客さま利用者が利用することができます。
  2. 本サービスは、RSUPPORT株式会社が提供する「RemotoCall」を用いてリモートサポート機能(利用者のPCを遠隔接続し操作を代行する)と閲覧機能(利用者のPCを遠隔接続し表示されている内容をサポートセンターのオペレータのPCに表示する)で構成されています。
  3. 本サービスは、サービス提供会社が「リモートサポート機能」か「閲覧機能」を指定できるものとします。
  4. 本サービスでは、利用者に提供する「リモートサポート機能」/「閲覧機能」を開始する前に、利用者の承諾を得るものとします。利用者は、「リモートサポート機能」/「閲覧機能」に承諾できない場合は、拒否することができるものとします。
  5. 本サービスは、暗号化技術により、すべての接続中のデータは、暗号化され保護されます。
  6. 本サービスは、利用者がマウスやキーボードを操作中は、利用者の動作が優先されます。
  7. 本サービスにて実行していただくプログラムは、本サービスを1回実施する為のみのプログラムとなっており、本サービスを行う場合のみ使用し、他の用途では一切使用いたしません。
  8. 本サービスは、利用者にて発生しているトラブルの解決を100%保証するものではありません。また、利用者は、当社より本サービスを受けるにあたり、問題解決、トラブルシューティング、製品機能の拡張および修正、バグフィックスおよび不具合データベースの情報収集のために、自己の技術情報を開示し、それを使用する権利を許諾するものとします。
  9. 本サービスは、本サービスが利用可能と思われる接続条件でも、回線の状況等により結果的に本サービスが正常に行えない場合があります。かかる場合においては、電話によるサポートにて対応させていただきます。
  10. 大切なデータ、プログラム等は予め外部記憶装置などにバックアップしておいて下さい。なお、利用者のデータ、プログラム等のバックアップは、利用者自身で実施して下さい。本サービスでは、バックアップを取る操作代行は行いません。
  11. 本サービスの提供は、利用者からの依頼があり次第、速やかに行なわれるものとします。ただし、合理的な理由により、当社が速やかにこれを実施できない場合がありうることを、利用者には予め了承していただきます。

第2条(適用範囲)

本サービスにて提供可能なサポート範囲は、下記OSならびに回線の範囲となります。

  • OS
    Microsoft社製オペレーティングシステム日本語版 Microsoft Windows 8.1 以降
  • インターネット アクセス
    高速ADSL以上。100Mbit光ファイバ通信推奨
  • エリア
    日本国内
  • 利用言語
    日本語

第3条(変更)

本規約は、任意に何ら予告なく変更することができるものとし、利用者は変更後の規約に従うものとします。

第4条(協議・管轄)

  1. 本サービスの利用に関連して疑義が生じた場合、サービス提供会社および利用者は信義誠実の原則に従ってこれを協議し、解決するものとします。
  2. 前項の場合において、訴訟の必要が生じた場合には、サービス提供会社の本店所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意するものとします。

第5条(利用申込み)

  1. 本サービスは、電話でのサポートの補助として提供させていただきますので、本サービスの利用を希望する者は、サービス提供会社のオペレータとの電話対応中に、本サービスを利用する意思をオペレータに伝えることによって、本サービスを利用することが可能となります。
  2. 利用者は、本サービスの利用にあたっては、Rsupport社が提供する「RemotoCall」の実行が必要となります。

第6条(第三者への禁止事項)

利用者は、本サービスの一部または全部を、第三者に対して使用許諾、賃貸、移転、頒布、その他の一切の 権利移転、権利許諾ができないものとします。

第7条(利用者の禁止事項)

  1. 利用者は、いかなる場合を問わず、他のサービスに組み込み、付属させ、または、付加価値サービスとして本サービスを利用し、もしくは利用させることはできないものとします。
  2. 利用者は、第三者になりすまして本サービスを利用することはできないものとします。
  3. 利用者は、サービス提供会社または第三者の財産権、プライバシー、名誉、その他の権利を侵害してはならないものとします。
  4. 利用者は、本サービスにかかるソフトウェアのソースコードを調べて、リバース・エンジニアリング、逆アセンブル、サーバに不正アクセスしたりすることを行ってはならないものとします。

第8条(利用環境への責任)

利用者は、自己の責任において、本サービスを利用するために必要な、PC、通信機器、通信回路その他の設備を保持し、設定および管理するものとします。

第9条(サービス提供と責任範囲)

  1. サービス提供会社は、本サービスの提供にあたり、利用者の特定の目的に適合すること、利用者の期待する機能を有すること、商品的価値を有すること、不具合を生じないことを含め、明示的にも黙示的にも一切の保証を行いません。
  2. サービス提供会社は、本サービスに関して生じた利用者および第三者の損害につき、結果的損害、付随的損害および逸失利益を含め、一切の補償・賠償を行いません。
  3. サービス提供会社は、利用者が本サービスを利用することにより他者との間で生じた紛争等に関して、一切責任を負わないものとします。
  4. サービス提供会社は、本サービスの利用により直接的、間接的に生じる結果又は本規定に従って行った行為の結果について、利用者その他いかなる者に対しても、本サービスの提供に必要な設備・ソフトウェアの不具合・故障・第三者による不正侵入、商取引上の紛糾、その他の原因を問わず、いかなる責任も負わないものとします。

第10条(規定違反について)

利用者が本規約の違反した場合、または、サービス提供会社が不適切と判断する利用行為がなされた場合 は、サービス提供会社は利用者の本サービスの利用を停止する場合があります。この場合、利用者は本サービスを使用することができなくなります。

第11条(サービスの停止)

次に掲げるいずれかに該当する場合、サービス提供会社は本サービスの提供を停止できるものとします。 なお、当該停止に起因して利用者に生じる損害について、サービス提供会社は一切責任を負わないものとします。

  1. 本サービスの提供に係わる設備・システムについて、定期的あるいは臨時に点検、修復、改良等を行う場合
  2. 第一種電気通信業者が電気通信サービスを中止した場合
  3. 火災、停電等の人為的災害により本サービスの提供ができなくなった場合
  4. 天災地変等により該当サービスの提供ができなくなった場合

第12条(情報等の扱い)

  1. 本規約は、本サービスに関する一切の合意であり、利用者とサービス提供会社の間の本サービスに関してなされたすべての合意に優先します。
  2. サービス提供会社は、本サービスおよび許諾プログラムにより知り得た利用者のコンピュータに格納されている情報(システム情報、CADデータ等)を、譲渡、貸与、複写、口頭等いかなる手段においても第三者に開示しないものとします。
  3. 本サービスおよび許諾プログラムにより知り得た利用者のコンピュータに格納されている情報(システム情報、CADデータ等)を調査・検証の目的でお預かりした場合、サービス提供会社は漏洩防止のため作業完了後に完全に破棄するものとします。

以上